歳時記


平成25年度北海道大学入学式(その2)

2013年04月08日
 
卒業生代表の山崎夏生さん(日本野球機構 日本プロフェッショナル野球組織審判技術委員)から祝辞がありました。「これからの人生で大切にしてほしいことが、三つあります。一つ目は体力・健康。二つ目は、友人や支え合う仲間を大切にすること、そして最後は、夢に対する情熱を持ち続けること。」
 
新田孝彦理事(本学副学長)は、新渡戸稲造が書物に記したゲーテの言葉 「Haste not, Rest not(急ぐなかれ、撓むなかれ)」を引用しながら「怠けずに一歩一歩、学問の道を進んでください」と激励。[※撓む(たわむ):飽きて疲れる、心がくじける、という意味もあります ]
 
応援団は、校歌「永遠の幸」を披露しました。団長を務める石川正浩さん(第102代応援団 団長・水産学部4年)は「豊平の川 尽せぬ流れ 友たれ永く友たれという歌詞のとおり、北大生全員が“友”であることを感じてほしいです」。
 
合唱団による寮歌「都ぞ弥生」と「さらに高いみち」で、入学式の幕が閉じました。

同じシーンの記事