おいしいね


#53 アツアツの鍋系うどん

2016年01月30日

 

札幌キャンパスの食堂で、注文してから出てくるまでの間に最も時間がかかるのが、鍋系うどんです。

 

鉄鍋を火にくべて、ぐつぐつと煮込むこと数分。途中で投入されるタマゴの黄身が固まりきらない程度のところで火を止めるのが、調理のコツです。そうすることで、とろ~りとろとろふっくらふわふわのうどんが食べられるのです。

 

写真のうどんは鍋焼きうどんとチゲ鍋うどんです。どちらもアツアツで、学生たちはみなハフハフいいながら、平らげます。カラダを温めて、午後からの研究やサークル活動に励むことでしょう!

 

鍋焼きうどん367円/チゲ鍋うどん475円

 

 

 


同じシーンの記事