10年のあゆみトップ > ご支援いただいた皆さま > 立ち上げのころの思い出

ご支援いただいた皆さま

立ち上げのころの思い出

    白根 純人
    科学技術振興機構(JST)科学コミュニケーションセンター主査

     「科学技術コミュニケーター養成ユニット」は、私がJSTに就職してはじめて担当させていただいた仕事でした。
     霞ヶ関の庁舎が工事中だったため、東京駅近くの三菱ビルに入っていた文部科学省で、(そのときもおそらくジーンズ姿だった)杉山先生と、ユニットの設置形態、修了生の学位認定などについて話し合ったことを、つい昨日のように思い出します。
     あれから10年が経ち、(10周年記念のお祝いの気持ちを割り引いても)CoSTEPはわが国の科学コミュニケーション政策にとって不可欠の存在となりました。私が勤務するJST科学コミュニケーションセンターも、その思想、理論、実践の蓄積から多くを学び、講師や修了生の豊かな人脈に助けられています(さっきも、隣の席の修了生Tさんに助けられたばかりです)。
     これまでCoSTEPを育ててこられた関係者のみなさまに深く敬意を表するとともに、(仕事柄、お祈りよりは実質的な支援を期待されていることを理解しつつ)ますますのご発展をお祈りいたします。