• 科学は難しい、科学報道も難しい。

    田中 徹|北海道新聞社編集局編集本部|
     科学は難しい——。当たり前のことですが、科学報道も難しい——。ニュースを扱う仕事に携わって20年ほど経ちますが、最近、特に痛感しています。  話題の再生医療を...


    • 「CoSTEP力」に助けられて

      武村 理雪|北海道大学国際本部 シニア・コーディネーター|
       10周年おめでとうございます。CoSTEPの存在感と活動歴からすると、働き盛りの30歳代のような気がしますが、10歳なのですね。伸びしろがふんだんにある、未だ小学校中学年とは驚きです。  C...


      • 教えることで教えられること

        瀧澤 一騎|高等教育推進機構准教授 北海道大学スポーツトレーニングセンター|
         CoSTEPの皆様には「サイエンス・カフェ札幌」とFacebookの「いいね!Hokudai」でお世話になりました。何れも「スポーツ成績(パフォーマンス)向上」に関する研究の紹介でしたが、「サイエンス...


        • CoSTEPとの不思議な「つながり」

          高橋 理|NHKエデュケーショナル 科学健康部プロデューサー|
           10周年おめでとうございます。実はCoSTEPと私は不思議な「つながり」があります。  まず、なんと言っても特任講師の早岡英介さんの存在です。  私は北海道大学理学部化学科を卒業後、...


          • 10年継続の苦労を思う

            高橋 英樹|北海道大学総合博物館教授|
             10周年おめでとうございます。何事でもそうですが、10年継続するにあたっては多くの苦労があったと推察いたします。それでも「CoSTEP」が違和感なく北大で使われるようになったのは目に見える...


            • 産学連携と科学技術コミュニケーション

              須田 孝徳|北海道大学産学連携本部 産学連携マネージャー|
               CoSTEP 10周年、おめでとうございます。  私は2度ほどCoSTEPのイベントで発表させていただいたことがあります。その際、石村先生を中心としたCoSTEPの皆さんに、テーマの決め方、焦点の絞...


              • 北の大地は“熱い”

                鈴木 貴靖|NHKエデュケーショナル科学健康部 「きょうの健康」「チョイス@病気になったとき」番組担当|
                 2009年7月、夏のさわやかな日差しの中、初めて北海道大学を訪れました。早めに到着したので、短い時間でしたが構内を散策し、夏風薫る北の大地の、木々や土の匂いを満喫しました。  そして...


                • 学びにも生かしてほしいインストラクショナルデザイン

                  鈴木 克明|熊本大学大学院社会文化科学研究科 教授システム学専攻教授|
                   CoSTEP 10周年おめでとうございます。  私とCoSTEPの関係は一度だけの講義担当でした。それは、2011年7月20日に行ったモジュール4/学習と表現の手法「インストラクショナルデザイン(教授...


                  • 科学コミュニケーターとしての気象キャスター

                    菅井 貴子|フリーキャスター・気象予報士 北海道文化放送 気象キャスター|
                     CoSTEP創立10周年おめでとうございます。科学技術においては、特にこの10年の進歩は大きく、気象科学の分野でも観測技術や予報精度が格段に上がっています。  私の務める気象キャスターの...


                    • CoSTEPメンバーとAAASに参加して

                      末吉 哲雄|国立極地研究所 リサーチ・アドミニストレータ|
                       10周年おめでとうございます。  私は2005年の暮れから2008年の春まで研究員として北大に在籍し、ちょうど立ち上げ期のCoSTEPを目撃する機会に恵まれました。偶然にも周囲にはCoSTEPの受講...