2012年05月30日

成果物

第63回 サイエンス・カフェ札幌「気象予報は、宝の山」(ゲスト・菅井貴子さん)

制作者:北海道大学CoSTEP
カテゴリ:サイエンスカフェ
刊行年月:2012年5月


 

CoSTEPは2012年5月20日、紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデンで、気象予報士で気象キャスターの菅井貴子さんをゲストに迎えて、第63回サイエンス・カフェ札幌「気象予報は、宝の山」を開催しました。

 

 気象予報士の菅井貴子さん

 

気象予報士として全国を回ってきた菅井さんによると、北海道は日本一、天気予報が難しいそうです。日本海、オホーツク海、太平洋と3つの性質の違う海に囲まれ、広大な山脈もある北海道では、多様な環境が複雑な気象を生み出しています。

 

「高気圧や低気圧に名前をつけて広告にしてしまう斬新なアイデア」や、「札幌市民も初耳の、気象に関する言い伝え」、「1ミリの降水量とは、畳一畳に一升瓶(1.8リットル)の水をまいたのと大体同じ」といった、初めて聞く話が盛りだくさんで、とても楽しいカフェでした。

 

1時間半のサイエンスカフェの様子を10分40秒のダイジェスト映像にまとめましたので、ぜひご覧下さい。