2007年08月25日

成果物

ラジオ第94回:2007年8月25日

 

第23回サイエンスカフェ札幌「マンモスからの警告〜地球温暖化の危機」

ゲスト:北海道大学低温科学研究所教授福田正己さん

 

 

今回は月に一回のサイエンスカフェ特集です。8月17日に行われた第23回サイエンスカフェ札幌『マンモスからの警告〜地球温暖化の危機』の模様を録音でお送りします。

いまから1万1000年ほど前に、ロシアシベリアの大地から忽然と姿を消したマンモス。カフェの前半では、そのころに起きた地球全体の温暖化と深い関係があるとされるマンモスの絶滅の謎について、福田さんの仮説を含めて興味深いお話で盛り上がりました。

そして後半は、いまロシアシベリアで永久凍土が融けはじめて、マンモスの骨や牙がつぎつぎと地上に現れていることの意味(警告)について考えました。

特にシベリアとアラスカで起きている大規模な森林火災が、地球温暖化にどのような影響をもたらすかについても最新の情報を聞くことができました。
今回もたくさんの参加者に来ていただきました。ぜひ番組をダウンロードしてお聞き下さい。