2008年01月19日

成果物

ラジオ第113回:2008年1月19日

 

雪崩特集:雪崩ってどうして起きるの?

 

研究室に行ってみよう 北海道教育大学 尾関俊浩先生

特集 特別インタビュー:NPO法人北海道山岳活動サポート 樋口和生さん

 

 

今回のかがく探検隊コーステップは、雪崩特集です。北海道教育大学の尾関先生とNPO法人北海道産額活動サポートの樋口さんにお話を伺いました。お二人とも、北海道大学の出身です。

 

 

今回インタビューにいってくれたのは、札幌市立白石小学校の丸山貴大くん、丸山貴晶くんのご兄弟です。尾関先生に、雪崩に関するさまざまな質問をしてくれました。さすが、北海道の小学生です。

 

 

尾関先生、ありがとうございました。

そして、雪崩特集の後半は、NPO法人北海道産額活動サポートの樋口さんに、特集担当の山崎さんがインタビューしました。樋口さんは、山岳ガイドだけではなく、雪崩にあわないために知っておくべきこと、もしあってしまったときの救助の仕方など、冬山を楽しむために必要な知識を伝える講習会を開いています。インタビューでは、講習会の内容について詳しく伺いました。

 

 

こちらが、雪崩にあったときに使うための三種の神器(ビーコン、プローブ、スコップ)です。樋口さんのお話から、雪山を愛するからこそ、必要な知識ともしもの時の備えが必要なんだということが伝わってきます。

 

 

樋口さん、ありがとうございました。
是非、ダウンロードしてお聞きください。