2018年07月26日

お知らせ

CoSTEPの科学技術コミュニケーション活動への御支援のお願い

北海道大学CoSTEPへのご支援のお願い

 

 日々刷新される科学技術、またそれらをめぐる社会的諸課題と向き合うため、双方向的なコミュニケーションを確立していく必要があります。
 北海道大学CoSTEP(コーステップ)は2005年から、社会に開かれた科学技術コミュニケーション教育・実践・研究に取り組んでまいりました。これまでの修了者は約1000名となり、それぞれが「科学技術コミュニケーター」として全国各地で活躍しています。
 科学技術と社会、そして専門家と市民がさらに歩み寄っていくためにも、皆様のご支援を何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ご寄付の使途

 

科学技術コミュニケーターの育成

学生だけでなく、社会人にも開かれた日本で唯一の教育プログラムです。修了生はメディア、行政、産業、研究、教育など様々な業界で活躍しています。


 科学技術コミュニケーションの実践
研究者と市民との対話の場であるサイエンス・カフェ札幌や、SNS「いいね!Hokudai」、メディアやアートを介した
コミュニケーションなど、様々なアプローチで科学と社会を繋ぎます。


 科学技術コミュニケーションの研究
科学技術コミュニケーションについて、理論的・実践的な研究を進めます。また査読付きのオープンジャーナル『科学技術コミュニケーション』を刊行しています。

 

 

 

ご寄付の方法

 

  1. 「北海道大学フロンティア基金」ウェブサイトから「特定資金 学部等支援事業」をお選びください。

ウェブサイトはこちら

  1. 「個人」「法人」「教職員」があります。該当するボタンをクリックし、表示されたフォームに必要事項を入力してください。

  1. 「寄付目的」の欄に「学部等支援の場合、学部名などをご記入ください」とあります。そこに「高等教育推進機構CoSTEP」とお書きください。以下のいずれかの目的を特に指定して寄付して頂くこともできます。その場合は、続けて以下いずれかをご記入ください。

  1.CoSTEPの教育・実践全般
  2.「サイエンス・カフェ札幌」
  3.「いいね!Hokudai」
  4.学術誌『科学技術コミュニケーション』

 

  1. 金額は1万円からとなっております(プルダウンメニューでは10,000円の次は50,000円になっていますが、「任意の金額」を選ぶとそれ以外の金額を入力することができます)

  1. 「入力内容の確認」ボタンを押し、内容の確認をした後、確定させてください。

 

 

 

ご寄付への御礼

 

● 北海道大学の寄付特典

  礼状、植物園優待券など、北大から金額に応じて特典が送られます。 

  ご寄附については税制上の優遇措置がございます。


 CoSTEPニュースレター
  月に1回、メールにてCoSTEPの活動をお知らせします。


● CoSTEPの映像コンテンツの視聴

  希望する方は、CoSTEP関連映像をeラーニングで視聴することができます。

  * CoSTEP修了生の方:寄付して頂いた年度のCoSTEP講義および開講式公開講義・修了式シンポジウム(28本程)​

  * 一般の方:寄付して頂いた年度のサイエンスカフェ・札幌(6本程)

(eラーニング画面のイメージ)

 

  • 視聴を希望する場合
    • 上記ウェブサイトで寄付をして頂くと、「〇×〇×様 申込完了のお知らせ」というメールがkikin (a) jimu.hokudai.ac.jpから送信されます。そのメールを転送する形で、以下のアドレスに寄付をした旨を、御氏名・修了年度(期)と共にメールでご一報ください。
    • 連絡先メールアドレス:costep_office(a)ml.hokudai.ac.jp  ※(a)を@にかえて送信してください
    • 御連絡を頂いた場合、受け付けた旨の返信を致しますが、3日たっても返信が無い場合、再度お問い合わせください。
    • 視聴アカウント発行は、寄付をした月末になります。アカウントを発行次第、メールにてお知らせいたします
    • 視聴可能期間は、アカウント発行時点から、その年度末までです。
    • 視聴応募期間は、4月から2月末日までとなっております。4月は配信を行っていないため、3月に受け付けることができないためです。ご注意ください。

 

 

お問い合わせ

アドレス:costep_office(a)ml.hokudai.ac.jp   ※(a)を@にかえて送信してください

電話:  011-706-5320

060-0817 札幌市北区北17条西8丁目 北海道大学 高等教育推進機構 N163A室