2008年10月10日

成果物

ラジオ第136回:2008年10月10日

 

生物がつくるバイオプラスティック

 

タキィのやさしイングリッシュ science

研究室に行ってみよう 北海道大学大学院工学研究科 田口精一先生の研究室

ニューステップ スイス氷河実習について 北大環境科学院・齋藤亮介さん

 

 

今回の「研究室に行ってみよう」では、北海道大学大学院工学研究科で、バイオ分子工学の研究をしている田口精一先生の研究室を訪れました。

インタビューの前半では、微生物を使ってつくるバイオプラスティックの研究のくわしい内容について、田口先生からお話をうかがいました。

後半では、バイオプラスティックは土の中に埋めるとどのように溶けるか、そして、バイオプラスティックが石油からできた今までのプラスティックに代わる日が来るかどうか、などについてお話ししていただきました。