2010年12月25日

お知らせ

第8号を発行、科学技術コミュニケーションの専門誌


オンラインで、どなたでも無料で読むことができます

CoSTEPが編集する、この分野では日本で唯一の専門誌 『科学技術コミュニケーション』
の第8号が、発行になりました。オンラインジャーナルですから、どなたでも無料で、ダウンロードして読むことができます。
『科学技術コミュニケーション』 のウエブサイトから、お進み下さい。


第8号目次
論文
・科学番組と科学 〜NHK「女と男」を例に〜
       桂有加子 平田光司
・大学発ベンチャーの発明者と利害関係者(ステークホルダー)におけるコミュニケーションの研究
       山本佳世子 亀山秀雄
・専門家の創造的な働き方としてのハーフシフトの提案〜科学技術コミュニケーターとしての隣接領域での無償労働〜
       敷田麻実


報告
・サイエンスイラストレーション制作における協働プロセス〜『幹細胞ハンドブック』を事例に〜
       大河雅奈 加藤和人
・研究機関の一般公開に適した形式のサイエンスカフェ〜花き研サイエンスカフェ開催報告〜
       四方雅仁
・子どもの携帯電話利用リスクを保護者に伝える科学コミュニケーションイベントの設計と評価
       郡 伸子
・奈良女子大学を中心とした科学普及のための連携活動「まほろば・けいはんな科学ネットワーク」
       小林 毅 村上路一 森田 聖 舩越麻梨絵
・科学技術と社会をつなぐ研究の支援的マネジメントの実践
        福島杏子
・科学番組をめぐる制作者と市民の対話 〜CoSTEPセミナー「科学ジャーナリズムは社会を変え得るか」から〜
       早岡英介 藤川大之
・小学校・科学館における立教理科工房の活動
       濱島裕輝 岡将太郎 菅原 龍


なお、『科学技術コミュニケーション』は、来年以降も継続して発行していきます。次号(第9号)への投稿も随時受付けています。