2011年07月30日

成果物

ラジオ第181回 放射線 測り続けて10年目 in Hokudai

 

 ●突撃!となりの留学生

【北海道大学の留学生に、研究のこと、北大に来た理由、日本での生活について突撃インタビューするコーナー】

ゲスト:北海道大学環境科学院 植物生態学研究室

博士課程2年 Augustin Orou Matilo さん

 

●研究室に行ってみよう

【研究者を訪ね、その内容を伺うこの番組のメインコーナー】

北海道大学大学院工学研究院

量子理工学部門 量子放射線科学研究室 准教授 藤吉亮子 先生

 

●たんいの教室

【世の中にある様々な「単位」について、モッティ先生が教えてくれるコーナー】

「ベクレル」 

 

  メインコーナー

◆研究室に行ってみよう

北海道大学大学院工学研究院 量子理工学部門 量子放射線科学研究室 

准教授 藤吉亮子先生にお話を伺いました。インタビュアーは、CoSTEP7期生、田中加奈子さんです。

 


  

そもそも放射線とは?

という素朴な疑問から丁寧に答えていただきました。

前半では、土の中で測定した放射性物質のお話、

後半は、北大の建物の屋上で測定している放射線のお話を伺いました。

 

 

笑顔で質問に答えてくださる藤吉先生
 

 

これが、掃除機のお化け。ちょうど研究室にありました。

後半では北大工学部の屋上で計測している機器についても 説明してくださいました。

  

インタビュアー・田中さん(右)の質問はどんどん続きます。

最後まで丁寧にお答えいただきありがとうございました。

 

 ※工学部で計測しているデータはこちら (工学部へのリンク)

藤吉先生、長時間のインタビューありがとうございました!

 

◆突撃!となりの留学生

北海道大学環境科学院 植物生態学研究室

博士課程2年 Augustin Orou Matilo さんにお話を伺いました。

.

   流暢な日本語でインタビューに答えてくれたオロウさん。洋服の青は故郷の「アフリカンプルー」とのこと。見た目にも鮮やかな色でした。

左から、田中加奈子さん(インタビュアー・CoSTEP7期生)、オロウさん、山崎舞さん(インタビュアー・CoSTEP7期生)

 

誕生日に研究室のみんなから、味噌ラーメンをプレゼントされた、との答えに思わずインタビュアーも大爆笑。

ユーモアもあり、とても真面目なオロウさん。ベナンに帰国後は、環境保全に力を注ぎたい、と真剣な表情で語ってくれました。今後の活躍を応援します。

ありがとうございました。カッソンブルー。