2006年08月05日

成果物

ラジオ第42回:2006年8月5日

 

有珠山の噴火が予知できたわけ

 

タキィのやさしイングリッシュ plastic

研究室に行ってみよう 新井田清信先生の研究室 (北海道大学大学院理学研究院)

見上げてごらん夜の星を 水星

今週の「研究室にいってみよう」は、北海道大学大学院理学研究員の新井田清信先生です。
インタビューに行ってくれたのは北広島市立西部小学校6年の新名隆之介くんと札幌市立琴似中央小学校6年の中村春菜ちゃん。
新井田先生は主に地下のマグマや、それを生み出す上部マントルについて研究しています。
インタビューでは、そもそもマグマがどこで生まれ、どうやって地上に噴出して火山の噴火につながっていくかというお話や、2000年の有珠山の噴火では、研究者による観測や地道な研究によって、噴火の前日に予知することができ、1人の犠牲者も出なかったというお話を聞くことができました。