2006年08月12日

成果物

ラジオ第43回:2006年8月12日

 

意外! 札幌の雪は汚れている

 

タキィのやさしイングリッシュ clock

教えて! サイエンス観光マップ 札幌宮の森ジャンプ場

研究室に行ってみよう 橘 治国先生の研究室 (北海道大学大学院工学研究科)

見上げてごらん夜の星を ペルセウス座流星群

今週の「研究室にいってみよう」は、北海道大学大学院工学研究院の橘治国先生す。
 インタビューをしてくれたのは、札幌市立豊園小学校5年生の郡山侑大君と札幌市立手稲宮丘小学校6年生の佐藤奈月ちゃんです。
 橘先生は川や湖や沼といった水環境の保護の研究をしています。そのために川や湖の水がどのくらい汚れているのか、汚れの原因は何か、どうすればきれいになるのか、ということを調査しています。
 今回は札幌の雪が意外に汚れていることについて話して頂きました。インタビューした2人はいつも見ている雪や川が実は汚れている、という話にとても驚いていました。私たちの何気ない行動によって川や海がきれいになったり汚れたりするということもよくわかりました。「川は生活の鏡」という橘先生の言葉には、ひとりひとりが環境とどう付き合うかいつも考えていて欲しい、という先生のメッセージがこめられています。