2020年04月08日

活動報告

研究紹介動画「北海道大学 恐竜学の世界」を公開

このたびCoSTEPでは、北海道大学総合博物館・小林快次教授の2019年の活躍をまとめた映像作品「北海道大学 恐竜学の世界〜総合博物館 小林快次〜」を北大総務企画部広報課と共同で制作しました。

 

(左から 総務企画部広報課の菊池優さん 川本真奈美さん 理学院の鈴木花さん CoSTEPの早岡)

 

詳細は以下、北海道大学公式サイトの報告から御覧ください。
https://www.hokudai.ac.jp/news/2020/04/post-645.html

 

 

北海道大学【恐竜学の世界】総合博物館 小林快次(10:18)

 

出演:小林快次(北海道大学総合博物館教授)
ナレーション:鈴木花(北海道大学大学院理学院修士2年・小林快次研究室 ※制作当時)

協力:むかわ町穂別博物館 服部雅人 国立科学博物館 朝日新聞社 NHK NHKプロモーション
制作:北海道大学 総務企画部広報課 学術国際広報担当 川本 真奈美 菊池 優
オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 早岡 英介

 

企画や全体のディレクション、撮影等を広報課の学術国際広報担当が担当し、撮影と編集、デザイン、音響等をCoSTEPの早岡英介が担当しました。
広報課の川本真奈美さんはCoSTEP1期本科、菊池優さんはCoSTEP 15期本科の修了生です。ナレーションを担当した鈴木花さん(理学院修士2年・小林快次研究室※制作当時)は14期本科・対話の場創造実習と、今回は受講生と修了生がCoSTEPで培った科学コミュニケーション力をフルに生かした実践となりました。

 

(むかわ竜の新種新属の可能性について話す小林快次教授)

(ナレーション初挑戦の鈴木花さん)

 

もちろん、小林教授や北大総合博物館、むかわ町の皆様、国立科学博物館、朝日新聞社、NHK等の多大なご協力があって完成した作品です。関係者の皆様に感謝申し上げます。

 

現在、総合博物館展示用に、ギターとヴァイオリンの2人組インストゥルメンタルユニットのJusqu'à Grand-Père(ジュスカ・グランペール)の楽曲を使用させていただいた特別バージョンを編集中です。そちらも上映されるときは追ってお伝えします。