イベント参加後は、アンケートへのご協力をお願いいたします。ご回答が終わりましたら、送信ボタンを押してください。



「なぜ? どうして?」この問いかけから研究は始まります。科学者は今まで解かれていなかった問いに仮説を立て、実験や観察を通じて検証を行います。問い・仮説・検証は科学研究のプロセスです。今回のカフェのゲストの大木淳之さん(北海道大学 大学院水産科学研究院 准教授)は、海のしくみを物質の観点から分析する海洋化学を専門にしています。中でも、大木さんが注目する物質は、ヨウ素を含んだ有機ガスです。北大水産学部のおしょろ丸・うしお丸で噴火湾の海水を調べると、有機ガスの濃度が季節ごとに増減することが明らかになりました。なぜ季節によって濃度に変化がみられるのだろうか? 海のヨウ素はどこから来てどこへ行くのか? 大木さんはこれらの問いに独自の仮説を設定し、自ら海洋観測に赴き、大気、海水そして海底の堆積物の調査を行うことで検証を進めています。このカフェでは、大木さんの研究テーマである、ヨウ素の地球化学的な物質循環の内容を紹介しながら、科学に興味をもつ高校生に、科学者の研究に向き合う姿勢を伝えたいと思います。

ゲストプロフィール

大木淳之(おおき あつし)さん 
北海道大学 大学院水産科学研究院 准教授 さいたま市出身。2003年 東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程修了 博士(理学)。北海道大学 大学院地球環境科学研究科、北海道区水産研究所、国立環境研究所を経て、2011年に北海道大学 大学院水産科学研究院に着任、専門は海洋化学。2019年度 オンライン教材を用いた海のトップサイエンティストの早期発掘育成プログラム 北海道大学バランスドオーシャン事業(LASBOS)を立ち上げる。趣味は函館でのゴーヤとシイタケの栽培。現在菜の花栽培にも挑戦中。

主催

北海道大学 高等教育研究推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)

共催

北海道大学バランスドオーシャン事業
サイエンス・サポート函館

関連リンク

CoSTEP公式サイト
大木さん研究室HP
バランスドオーシャン事業 公式YouTubeチャンネル
はこだて国際科学祭
北海道大学 オンラインオープンキャンパス2020

用語解説

ヨウ素(iodine)
原子番号53、元素記号はI 。ハロゲンの一つで、常温常圧では紫黒色の固体。自然界では海藻、特にコンブに多く含まれています。甲状腺ホルモンを構成するので、ヨウ素は人が生きるためには欠かせない元素です。殺菌作用があり、消毒に用いられるヨードチンキやうがい薬に用いられるポビドンヨードの材料として使われています。
物質循環(cycling of matter)
海の水が温められて雲となり、その雲が雨となって地上に降りそそぎ、川となってまた海に注がれるように、ある物質(この場合は「水」)が状態を変化させつつめぐりめぐることを物質循環と言います。多くの元素は地球を旅する中で、私たちの目には見えないほど小さな状態をとります。今の地球の存在は、目に見えないほど小さな元素の、微妙なバランスで成り立っている循環の結果であるといえるかもしれません。

トップへ戻る