チェックイン


枝肉がハムになるその前に

2020年01月15日

 

北大農場こと生物生産研究農場では、ブタの育成からハムやベーコンなどの加工までを一貫して行っています。先月12月16日に出荷されたブタは、翌日には枝肉となり帰ってきました。しかし枝肉はそのまますぐに加工できるわけではありません。技術職員が枝肉から骨を外し、大まかな部位ごとに切り分けた後、さらに筋や余分な脂肪を取り、加工に適した大きさに分割する下処理を行います。下処理された肉は、その後、学生実習でハムやベーコンなどに加工されます。

【林忠⼀・北⽅⽣物圏フィールド科学センター/いいね!Hokudai特派員】

 

(ポプラ並木東側に建つアグリフードセンター)

 

(この部屋でハムやベーコン、ソーセージが生まれる。学生実習時には多数の作業台が並べられ、グループで加工作業が行われる)

 

(研がれた刃物達もスタンバイ)

 

(骨を外され部位ごとに切り分けられた状態のもも肉)

 

(丁寧に筋や脂肪をそぎ落としていく)

 

(処理を終え学生実習でプレスハムに生まれ変わるのを待つもも肉)

 

 

----ハムの製造過程を紹介しているこちらの記事もご覧ください----

 

【チェックイン】ブタの出荷

(2019年12月16日)

 

【チェックイン】#62 生産から食品加工までの一貫教育~アグリフードセンター(2)

(2013年12月24日)

 

【おいしいね】#60 ぷりぷり食感!農場産のプレスハム

(2016年05月26日)

-------------------------------------------------------------


同じシーンの記事