歳時記


北の大空に四季をみる

2020年05月28日

 

北海道は日本列島の最東かつ最北に位置するため、夏と冬で日の出、日の入の時間が大きく異なり、本州の平均に比べて夏の一日は長く、冬は短くなります。春になり、そろそろ違いが表れてくるころかもしれません。19時を過ぎたころでも、まだ空はうっすら明るい状態です。花や木々だけでなく、空の様子からも季節の変化を感ることができます。

 


同じシーンの記事