チェックイン


しばしのお別れ、インフォメーションセンター「エルムの森」

2020年06月30日

 

札幌キャンパスの正門すぐ脇、木立の中に立つインフォメーションセンター「エルムの森」は北大の「窓」です。構内案内の窓口や、グッズ販売と軽飲食を提供するショップを備え、日々多くの人が訪れています。

しかし、本日6月30日から改修工事のため一時閉館となります。案内窓口の機能は引越しの後、7月6日から斜め向かいの百年記念館3階に移転します(8:30~17:00平日のみ・飲食物やグッズ販売なし)。

 

「エルムの森」の再オープンは9月下旬頃を予定しています。館内の配置は、今までは建物入って右手が案内窓口、左手がショップでしたが、左右配置が入れ替わり、飲食のメニューはちょっとパワーアップするそうです。

(左側のエルムの森ショップは、改装後は右側に移る予定です。木漏れ日を思わせる天井のあしらいはそのまま残るそうです)

 

ショップは本日15時まで営業。一部商品が大特価で提供されています。ぜひお買い求めください。

(この他では、カレーがなんと半額214円になっていました!)

 


同じシーンの記事