歳時記


北大百景:エゾリンゴ

2012年11月08日

北大恵迪寮の近くに、サクランボのような大きさの実がなっている木があります。北大OBで、北海道薬科大学名誉教授の坂東英雄さんに伺ったところ、「エゾノコリンゴでは」とのこと。ジャムにして食べることができますが、「わざわざ人間が食べなくても小鳥たちに差し上げてはいかがでしょう」と坂東さん。冬に向かって駆け抜けていくこの時期、小鳥たちの越冬準備に一役買っているんですね。


同じシーンの記事