チェックイン


#21 雪原に縞模様を作る、ポプラ並木

2013年01月21日

 

北大の中でも有名な観光スポットである「ポプラ並木」。最初のポプラが植えられたのは、いまから110年前の1903年。その後、1912年に、当時の林学科の実習生によって45本が植えられ、今の並木姿の原型が作られたといわれています。樹齢90年を経て老木になってしまいましたが、そのまっすぐな立ち姿は今も健在。雪で覆われた真っ白な農場に、縞模様の影をつくっています。

 

新旧ポプラ並木を紹介するこちらの動画もどうぞ↓
http://goo.gl/7ylNp

 

 


同じシーンの記事