実践+発信

2005年度

2005.4.22

■北海道大学・科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)の六ヶ月間 (杉山滋郎)
  科学コミュニケーター・ワークショップ(総合研究大学院大学にて)
  2006.02.14

■"CoSTEP with Citizens and Scientists" (Miho Namba)
  Subaru Seminars, held at NAOJ, Hawaii
  2006.02.13

■科学技術コミュニケーション教育の役割 (難波美帆)
  科学教育とラーニングソリューションセミナー (かでる2・7 730会議室にて)
  2006.02.10

■Making Communicator Through the Production of Science Radio(隈本邦彦)
  北海道大学・ハワイ大学ジョイントシンポジウム 〜多様性を拓く〜(北海道大学にて)
  2006.02.07

■北海道大学におけるコミュニケーター養成の取り組みについて(佐藤祐介)
  「21世紀型科学教育の創造?」ワークショップ ポスターセッション(国立オリンピック記念青少年総合センターにて)
  2005.11.27

■ウェブログは科学コミュニケーションのツールになるのか〜市民と科学者が対等に参加する新しいコミュニティをつくるブログ〜 (科学コミュニケーションの双方向性をいかに実現するか:〈シビック・ジャーナリズム〉に学ぶ) (栃内 新)
  科学技術社会論学会 第4回年次研究大会(名古屋大学にて)
  2005.11.13

■大手メディアと市民ジャーナリズム(科学コミュニケーションの双方向性をいかに実現するか:〈シビック・ジャーナリズム〉に学ぶ) (隈本邦彦)
  科学技術社会論学会 第4回年次研究大会(名古屋大学にて)
  2005.11.13

■「担い手」と「場」の創出〜患者向けがん専門誌がなしえたこと(科学コミュニケーションの双方向性をいかに実現するか:〈シビック・ジャーナリズム〉に学ぶ) (難波美帆)
  科学技術社会論学会 第4回年次研究大会(名古屋大学にて)
  2005.11.13

■科学技術コミュニケーション:現状と課題 〜北海道大学「科学技術コミュニケーター養成ユニット」 (杉山滋郎)
  科学技術社会論学会 第4回年次研究大会(名古屋大学にて)
  2005.11.13

■「科学技術コミュニケータ養成ユニット」が目指すもの (杉山滋郎)
  シンポジウム「対話型科学技術社会における科学コミュニケーターの養成 〜博物館と大学との連携を通して〜(国立科学博物館にて)
  2005.11.08

■再びカルテ(診療録)は誰のものか(隈本邦彦)
  セミナー医療と社会 第50回記念講演会(弘前大学医学部コミュニケーションセンターにて)
  2005.10.24

■科学技術コミュニケーターをどう育てるか (杉山滋郎)
  日本科学技術ジャーナリスト会議 月例会(プレスセンタービル9階 日本記者クラブ宴会場にて)
  2005.10.20

■高等教育における「科学コミュニケーション」(杉山滋郎)
  日本科学教育学会第29回年会(岐阜大学にて)
  2005.09.11

■参加型社会における科学技術コミュニケーション(難波美帆)
  日本科学教育学会第29回年会(岐阜大学にて)
  2005.09.11

■世界一の教育を支えるフィンランドの歴史と文化(池田文人)
  日本科学教育学会第29回年会(岐阜大学にて)
  2005.09.09

■人生いろいろ,科学もいろいろ (難波美帆)
  日本物理教育学会・北海道支部 世界物理年記念講演会(北海道大学クラーク会館にて)
  2005.08.08

■「科学コミュニケーション」の教育 〜北海道大学の場合〜 (杉山滋郎)
  日本物理教育学会 第22回物理教育研究大会(北海道薬科大学にて)
  2005.08.07

■今,求められている科学技術コミュニケーション 〜科学技術コミュニケーターって,なにそれ,私!?〜 (難波美帆)
  日本物理教育学会 第22回物理教育研究大会(北海道薬科大学にて)
  2005.08.07