10年のあゆみトップ > ご支援いただいた皆さま > 今後も挑戦的な活動を

ご支援いただいた皆さま

今後も挑戦的な活動を

    田柳 恵美子
    公立はこだて未来大学
    社会連携センター教授

     私は長く研究広報の仕事を生業としつつ、2000年代に入り大学院生となった。博士課程の指導教員から「あなたがやってきた仕事は、科学コミュニケーションそのものだ」と言われ、自分の強みを研究テーマにするよう勧められた。新しい概念を咀嚼するのにまる1年以上かかったが、結果的にはこの新しい枠組みで自分の仕事を捉え直すことにした。そして愛・地球博にかかわる研究広報のフィールドリサーチが山場となったさなかに、CoSTEPが創設されたことにはとても勇気づけられた。科学コミュニケーションが大学で教えられること、それも札幌という地方色豊かな都市で実現されたことが感慨深かった。その後、私は函館の大学に着任するが、札幌までわざわざ受講に通う人を身近に何人も見てきた。それだけ魅力ある講座を展開してきたこと、10年経ってなおスタッフの方々に最初の情熱が失われていないことに深い感銘を受ける。守りの姿勢に入らない挑戦的な活動を今後も期待したい。