2006年07月22日

成果物

ラジオ第40回:2006年7月22日

 

特集:サイエンス・カフェ

「実験で読み解く心と文化〜日本人は本当に集団主義?〜」

今週は月に一度のサイエンスカフェ特集です。7月7日(金)に行われた今回のサイエンスカフェは、北海道大学大学院文学研究科の山岸俊男先生がゲスト。「日本人は本当に集団主義?」というテーマで、会場の人たちとの会話を進めていきました。
山岸先生の専門は社会心理学、実験を通して人の心や文化を読み解いていくという研究をされています。
そうした研究の結果、山岸先生は、日本人が個人よりも企業や集団の利益を優先するような行動をとるように見えるのは、心からそうしたくてしているのではなく、そうした方が自分の得になると考えて行動しているためなのではないか、と指摘しています。
つまりそのような行動をとらせるような社会の仕組みがあるから、というわけですね。山岸先生は会場の人たちから次々と寄せられたたくさんの質問にもていねいに答えてくださいました。
熱気あふれるサイエンスカフェの様子をお聞き下さい。