実践+発信

展示「当たり前の決まり方」を開催します

2020.10.15

キログラムやメートルといった私たちがふだん当たり前に使っている「単位」。

その決められ方には、すべての人々が使えるようにという願いが込められています。

変わらない当たり前を見つけ、

人々と共有する科学の営みを通して、

今の時代を見つめ直して見ませんか?

秒の展示で使う、松ぼっくり

本展示では、基本単位といわれる7つの単位を、

古いものや新しいもの、自然物から人工物まで

物語を持っているモノを通して、単位について考える場をつくります。

カンデラの展示でつかう、古いロウソク立て
kgの話では、様々あ古い計りを展示します。
昔使っていた長さを計るモノで、mの話を。
A(アンペア)は、豆電球を光らせます。
つぶで物質を計る、molの展示。 

古いモノ、身近なモノからどう単位をつなげて考えるか、

単位同士ではどのような関係があるか、などを通して

当たり前の決まり方について、考える展示になれればと思います。

会場ではCoSTEPの梶井さんがみなさんの考えを集めに、灯りを持ってお待ちしています。

ーーー

開催時期: 2020年10月19日(月)13:00 ~21日(水)21:00、毎日定期的に対話イベント開催

開催場所: SCARTS studio2

申し込み: 不要、直接会場にお越しください。

ーーー