実践+発信

【教員研究員対象】Adobe 研修会「画像不正と疑われないための画像処理」を実施します

2015.12.24

たくさんのご参加、ありがとうございました。

CoSTEPは、2016年1月28日(木)17:00~18:00に、理学部5号館大講堂にて、教職・研究員研修「画像不正と疑われないための画像処理」を実施します。

北海道大学は日本の国立大学法人において初めて、Adobe Creative Cloudエンタープライズ版を全学で導入しました。教育・研究において今ではAdobeのソフトウェアは欠かせないツールになりつつあります。その中でも、得られた原画像の客観的・定量的に評価するためには、画像処理を活用することは必見ですが、的確な処理を行わないと、画像不正と疑われてしまう可能性があります。

本セミナーでは、研究者でありながら画像処理のエキスパートである講師、を迎えて、研究における画像処理の知識や手法を Adobe Photoshop CCを使ったデモを交えながらお伝えします。画像処理が気になる方から手法にお困りの方までご参加をお待ちしています。

参加無料ですが、登録が必要です。

登録をご希望の方は、こちらのフォームからご登録ください。

下の画像をクリックすると、チラシをpdfで見ることができます。

画像不正と疑われないための画像処理 

日時          2016年1月28日(木)17:00-18:00

場所          北海道大学理学部5号館大講堂

定員          80名まで(北海道大学教職員対象)参加登録フォームによる受付が必要

講師          湖城 恵(エルピクセル株式会社技術アドバイザー)

主催          北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター

     科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP・コーステップ)

     情報環境推進本部情報推進課

<概要>

■ 画像不正を疑われないための画像処理

 背景とデジタル画像の基礎

 不正と疑われるケース

 学術雑誌の投稿規定

■ Photoshopの積極的な活用法

 原画像の保持:非破壊型編集

 ヒストリーログ:全ての画像処理の履歴を記録

 研究分野で受け入れられている画像処理:コントラスト調整テクニック

■ 質疑応答 

<お問い合わせ>

朴 炫貞(パク・ヒョンジョン)

北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター

科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP・コーステップ)

〒060-0817 札幌市北区北17条西8丁目

Tel/Fax     011-706-5324(直通)

email        park アットマーク costep.open-ed.hokudai.ac.jp