実践+発信

記憶の部屋4「クラウド部屋」

2020.3.23

地球環境科学研究棟。3階の細長い廊下には、青色の扉がいくつも並ぶ。私はその一つを叩こうとして手を止めた。几帳面に貼られた3枚の雲の写真。今度こそノックすると、背の高い男性が現れた。部屋の中には地球儀、バランスボール、ドラえもん。そして「あ、また雲の写真」。幼いころから空や雲が好きだったと男性は笑う。

彼は階下の一室にも案内してくれた。雑多に置かれた什器の奥にサーバーラックが鎮座している。中を覗くと、整然と収められた黒い箱たちがサーサーと音をたてていた。

雲。そして、サーバーに読み込まれる大量のデータ。気候変動のメカニズムを研究する佐藤友徳にとって、どちらも欠かせないものだ。私は彼が過ごす空間を「クラウドの部屋」と呼ぶことにした。

工事中

クラウドの部屋 ~北海道大学地球環境科学研究棟B-304およびC-103-1工作室/C-102-1水槽室1~

佐藤 友徳(北海道大学大学院地球環境科学研究院・准教授)
撮影日:           2020年2月3日
パノラマ撮影:横谷 恵二
肖像撮影:       中島 宏章
執筆:          菊池 優・鈴木 隆介(CoSTEPライティング・編集実習)
ウェブ制作:   佐藤 淳治・星崎 真由美(CoSTEPメディアデザイン実習)
テキスト編集:川本 思心(CoSTEP)
ウェブディレクション:村 井貴(CoSTEP)
コンセプト:   川本 思心・村井 貴(CoSTEP)
関連記事:いいね!Hokudai「気候変動メカニズムの解明を目指して」(1~2)

別の部屋へ行く