実践+発信

記憶の部屋3「紐男の部屋」

2019.12.24

その部屋は、妙に細長い。部屋を縦に区切るように棚や机が並んでいるせいだ。そして崩れ落ちそうなほどに、本、書類、標本瓶、雑多な品々がそこに積まれている。この細長い、薄暗い部屋の奥に男がいる。

動物分類学者、柁原 宏。1930年から連綿と続く、系統分類学講座を継ぐ男。研究対象は紐虫。部屋には紐虫以外にも、講座の研究者たちが研究してきた様々な海の生物の標本が、そこかしこに納められている。

しかし、この部屋を形づくっているのは、学術標本だけではない。柁原に縁ある人々が残し、彼がもらった「宝」がいくつも紛れている。これらの品々は柁原を経て、また次の世代に引き継がれるのだろうか。それとも過ぎる時間のなかで溶け去ってしまうのだろうか。

鍵をクリックして部屋に入る

紐男の部屋 ~理学部5号館5-5-10~
柁原 宏(北海道大学大学院理学研究院・准教授)
撮影日:           2019年2月5日・20日
パノラマ撮影:横谷 恵二
肖像撮影:       中島 宏章
執筆:          成田 真由美・佐藤 丈生(CoSTEPライティング・編集実習)
ウェブ制作:   大橋 真智子・小西 祐輔(CoSTEPメディアデザイン実習)
テキスト編集:川本 思心(CoSTEP)
ウェブディレクション:村井 貴(CoSTEP)
コンセプト:   川本 思心・村井 貴(CoSTEP)

関連記事:
いいね!Hokudai「形に魅せられて」1

いいね!Hokudai「形に魅せられて」2

いいね!Hokudai「形に魅せられて」3

別の部屋へ行く